IT時代に是非知っておきたい知識|IT知識WIKI

システムについて

製造業向けERPシステムの相場

製造業において管理する仕事は不可欠です。部品や人材の配置が重要であるため、それを効率的に行う事は仕事の成功に大きく影響します。コンピュータの普及が進んでいなかった頃は、手で記帳していくやり方が主流でした。その作業だけで多大な時間を要するので、人件費の肥大化の一因だったと言われています。 それを解消したのはコンピュータの製造業向けERPシステムです。百万円以上の価格で販売されているソフトウェアも珍しくなかった製造業向けERPシステムは、業務効率を格段に向上させる事に成功しました。しかし中小企業の予算では導入が厳しかったのは事実です。それを解消したのはクラウドと呼ばれる技術でした。数万円の導入費用で済むサービスだったため中小企業でも十分利用可能です。

ソフトウェアの取引価格の推移

クラウド技術が登場するまで、製造業向けERPシステムを開発しているメーカーの顧客は大企業ばかりでした。それが中小企業を顧客としてカウントできるようになった事は大きな進歩です。潤沢な予算を持つ大企業の数は限られています。そして製造業に限定すれば大企業の数は更に減少するからです。 導入費用の見直しに成功した理由は、サービスの利用方法が革新的だったからです。従来のインストール方式は回収機会が限られるデータディスクの販売によって利益を得ていました。多大な人件費を投入して作ったソフトウェアは、相応の利益を得る事を求められます。 クラウド型の製造業向けERPシステムを安く提供できる理由は、ソフトウェアの利用権だけを販売するので回収機会は何度も訪れるからです。