IT時代に是非知っておきたい知識|IT知識WIKI

管理を任せる

重要情報の自社管理のデメリットについて

ここ数年の情報技術の進化によって、企業が管理する情報は莫大な量になりました。これまでは、自社が管理するサーバーにデータを保管する方法が主流でしたが、以下のデメリットやリスクがあります。 1つは費用が年度ごとに固定化できないことです。機器導入に際し、ハードウェアの購入費などの初期費用がかかってしまうため、導入初年度の費用が大きくなってしまいます。2つ目は、情報の流出リスクです。情報を保存している機器が自社内にあると、悪意を持った従業員が情報を持ち出す恐れがあります。3つ目は地震などの災害に対するリスクです。本社や事業所に情報が保存している機器を設置すると、災害があった際に復旧が遅れてしまいます。 データセンターを利用することで、これらのデメリットを無くすことをことができます。

データセンターを利用するとメリットが発生します

自社に情報を管理する機器を設置するデメリットを、データセンターを利用することで無くすことができます。 データセンターはサービスの利用に対し費用が発生するので、費用を平準化することができます。また、資産を取得しないため経営が軽くなります。 データセンターは入場の管理が徹底されており、サービス利用者でも入場する際は申請が必要です。データセンターの運営業者はデータの取り扱いに関する資格を認証取得しており、安心して任せることができます。 また、データセンターは災害の発生が少ない地域に建設されます。データセンターを複数箇所に建設し、データを違う場所に置いておくことで、災害の場合もすぐに復旧できるような体制を実現できます。