IT時代に是非知っておきたい知識|IT知識WIKI

HDDの復旧の注意

パソコンは一家に一台から1人に一台が当たり前になりつつあり、パソコンを活用した様々な利用方法が存在しています。
パソコン無しでは生活できない方も多く、企業においてはビジネスもストップし企業として存在出来なくなることもあります。
そんな現代では必須なパソコンは思っている以上に繊細な機械で、使っていて一度も故障することがないというのは珍しいです。
通常は何かしらのトラブルが起きその度に修理などをしていきますが、そのトラブルがよく起きる場所としてハードディスクがあります。
現在では外付けハードディスクを購入し使用している方も多いですが、基本的にハードディスクというからにはディスクが内蔵されており物理的な部品で出来ています。
最近の外付けハードディスクは持ち運びが出来るタイプが多く登場しており、かばんにいれて持ち運ぶことも出来るようになっています。
しかしながら外付けハードディスクは物理的なものになっているため、故障することが度々出てきます。

外付けハードディスクが故障したときはまず中身であるデータの復旧をする必要があります。
この復旧は外付けハードディスクからデータを抜き出す事を指し、外付けハードディスクを修理するというものではありません。
物理的なものになっているため必ず寿命があり、故障したときはデータの復旧を第一に行います。
データは何物にも変えられないものです。データさえ復旧出来ればよしと考えるのが外付けハードディスク故障のときの鉄則です。
データを復旧するには様々な方法があり、外付けハードディスクが物理的に故障しておらずソフトウェア的な故障であれば高い確率で復旧することが出来ます。
一番簡単なのが専用ソフトを使用した復旧です。
有料無料のソフトがあり、数も多いですが一番信頼性の高いソフトを使用することが大事です。
個人でできるレベルはソフトを使用した復旧方法ぐらいで、ここから先に進んで復旧するとなると業者に依頼することになります。

業者に依頼するとほぼ復旧できると考えていいでしょう。
勿論外付けハードディスクが物理的な故障であっても高い確率でデータの復旧が期待出来ます。
もし絶対に無くしてはならないデータが保存されているというのであれば、個人でいじるというのは控えたほうがいいでしょう。
データ復旧の鉄則は故障が見られたら通電しない、現状維持を行う、早期に復旧方法を行うです。